FC2カウンター

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

たくじろうの家を建てるまで
小さいけどナチュラルモダンな家作りを楽しんでいます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気配線と天井の下地。
このブログが現在50位になっています→人気blogランキングへ

昨日の日記に書いたフローリングの色ですが
朝、現場へ行ってきました。

入ったところに1階用のフローリングが梱包状態であったのですが
箱を見ると品番もちゃんと合っています。

2階へ上がり棟梁にフローリングの色を聞いてみると

「スジによって見え方が違ってくるからね~」

と言われました。

↓昨日トステムで撮ってきた写真。

20070402134309.jpg


↓棟梁が並べてくれました。

20070402134129.jpg


土曜日に見たのは②の左上の板なのですが
同じものはトステムでは①の左下のような気がしていたのです。
(はられる予定なのは①の右上)

写真の色味の違いもありますが
やはりサンプルとは違う気がしました。
(サンプルは赤味が無くて実物は赤味が強いです。)

②の下半分は床暖房用で

「こっちの方が強くて良いフローリングだよ~」

と教えてくれました。
確かにスジが無くて艶々で綺麗でした
2階は全部コレになるらしく、

わ~いと喜んで帰ってきました(笑)←単純。

さて、今日も電気屋さんが居たのですが
こだわり窓2↓

20070402135514.jpg


の下にカウンターをつけてPCなどを置こうと思っていたので
窓の下とカウンターの間にコンセントを付けてもらう予定でしたが
スペースが足りなくてカウンターの高さを下げないと付けられないとか・・・・

棟梁にも

「コンセントを側面の壁にした方が良いよ。」

と言われたのでそうしてもらう事にしました。

コンセントが無くなるとカウンターの高さは自由が利くから
椅子を先に決めて、もう少し先まで検討してみたら?

と言ってくれたので家具屋さんめぐりをしてから
決めようと思います。

さて、今日は外壁屋さんは違う現場へ行っているらしく
昨日から変わっていませんでした。
家の中は天井の下地が張られていました。

20070402140606.jpg


明日には足場が取れて吹き抜けが現れるそうなので
楽しみです♪

私が2階へ上がって棟梁と話している間、
ずっと玄関で待っていた息子。
靴を脱いで上靴を履かないと入ってはダメだと思っているようで

『くちゅ 脱ぎます~ くちゅ~ はきます~』(どっちやねん!)

と、ずっと泣きべそをかきながら待っていてくれました。

家に帰ってくると営業さんからメールが来ていて
わざわざ現場監督が現場まで来て確認をしてくれたようでした
ありがとうございましたm(__)m

ポチッと応援よろしくお願いします。→人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント
良かったですね!
床の件、納得いく結論でよかったよかった♪♪
現場で作業している人から聞くことってすーっとこちらに入ってきやすいのかしら・・(^^)

それにしても息子クン、かわいいです。
行きたいけど行けなくて泣きべそかいて待ってるなんて・・ いじらしい。。
うちの子もちゃんとお利口さんで待っててくれるようだといいんだけどなぁ。

カワイイ息子クンにポチッとな♪
【2007/04/03 16:54】 URL | mijupi #q7XswXQk [ 編集]

mijupiさんへ
納得したと言うか・・・・間違えてないので業者に非はないし、
あるとすれば、トステムさん、サンプルの色通りの商品作って下さいよ~(><)
と思ったくらいで落ち着きました^^;

うちの息子、変なところで神経質なんです(^m^)
自分で靴が履きかえられないので今回は大丈夫だったけど
履き替えられるようになったら現場でウロウロしてしまいそうです^^;
【2007/04/03 21:48】 URL | たくじろう #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takuie.blog57.fc2.com/tb.php/62-3524d96b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。