FC2カウンター

プロフィール

たくじろう

Author:たくじろう

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

たくじろうの家を建てるまで
小さいけどナチュラルモダンな家作りを楽しんでいます♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施主検査。
施主検査?って言うんでしょうか。
今日は立会いでした。

もう、心境は親心。

傷なんてもうどうでも良いんです(笑)

いや沢山細かな傷は見つけました。

玄関の壁のクロスが甘い感じな事や
靴箱の中に傷があることも、
フローリングにも傷を・・・・

でも良いんです。(多分?)

毎日のように現場を見ていたので、
このくらいの事。
と思えてしまいます(笑)

靴箱なんか丸ごと取り替えてっ!なんていう人もいるかも知れません。

それはそれで当然だと思います。

でも何だろう、この心境。。。。

すでに愛着!?なんでしょうか?

生活していると傷くらい付くし・・・・

なんて思えてきました。

今日直してもらいたいと伝えたのは
外壁の傷だけ。

さすがにコレは外面なので気になったのと
雨にさらされるので経年劣化が激しくなりそうだったので
塗ってもらう事になっています。

以前にも伝えてはいたのですが、
場所柄!?荷物置き場になっていた場所なので
(今日も他の棟の外構資材が置かれていたり・・・・)
最後に塗りなおしてくれるのかな?
と思っています。

他には玄関ホールの照明をダウンライトに変えてもらう予定だったのが
間に合ってなくてシーリングになっていたところも
ダウンライトになっていたし、

(ダウンライトの直径が12.5cmの予定でしたが
シーリングを付けてしまっていたので
傷の関係で15cmになっていましたが、返って

クローゼットのドアも直っていたし、
色んな人に造って頂いたお家、

もう、我が子のように可愛いです(笑)

色々使い方の説明を受けたり
シーリングファンのリモコンの調子が悪いようで
回らなくてテンヤワンヤしている間に
営業さんがサラッとあちこちに電話してくれ
電池を買いに行って下さったようで
リモコンも無事作動し、
(電池切れでした
回転するシーリングファンに一同感嘆の声が上がり(笑)
建物内終了。

外回りの説明を夫が受けている間、
外構屋さんの仕事を見たり、

あ~もうすぐ我が家になるんだ~(*≧▼≦*)

と、一頻り浸っておりました。

今日は外構も始まっていたし、
不動産屋さんも立ち会って下さっていたので
色々ネタはありますが長くなるので分けて書きます。

ポチッと応援お願いします⇒人気blogランキング

スポンサーサイト

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

検査報告書とか色々。
NPO法人の第三者検査機関から検査報告書が届きました。

検査から1週間~10日後に届くので
あ、そうそう届くんだったわ・・・・状態です^^;

今回届いたのは上棟後検査の報告書。

25項目の検査項目中2項目が要直しでした。

①.アンカーボルトの余りは十分か?

②.補強金物が必要な箇所に設置されているか?

の2点で、
アンカーボルトは棟梁がその場で閉め直していたのを見たのですが、
②の玄関上部の角の補強金物未了と書かれているのは見ていないです

えっと~夫が見ていたのでしょうか???
覚えているかしら?

検査項目以外で指摘されていた
2階床の釘打ちもソロソロ見ておこうっと。

荷物が置いてあったので釘を打っていなかったのですが

『最後に一通りチェックしますよ~』

と棟梁は言われていました。
確かにサッシが転がっていた場所なので
あ~そっか~と思って見ていました。

話は変わって、
先日、テレビで能登半島地震の被災地の倒壊した家を建築家?が
解説しながら見ていく番組を見ていたのですが

昔の家、凄いっ

一番古い家屋は柱に壁直塗りでした。

その後、建築法が変わって筋交いが入れられるようになったらしいのですが
固定されていなくて阪神の震災で多くの家屋が倒壊したそうです。

更にその後、金物で固定するようになって
ある程度の大きな揺れまでは耐えられるようになったけど
ねじれ等には弱く抜けてしまう事もあり、
最近は適所に構造用合板を使う事で
さらに耐震性を高めていこうとしているそうです。

このテレビか他のどこかで見たのですが
倒壊した木造家屋と倒壊しなかった木造家屋の違いは
柱が3.5寸か4寸の違いだという調査もされていたようです。

世界の地震の8割が日本で起きていると言われているのに
(プレートテクトニクスとかと言うのを小学校の時に習った気がします。しかも国語でw)
まだまだ建築基準法のレベルは低いんだなぁ~と感じました。

うちのお家、大丈夫かしら・・・・

ポチポチっと応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

ビルトインガレージの天井。
今日も第三者機関の検査でした。

建築中の検査は今日で終わり。
次は稼動検査で引渡し後2~3ヶ月経った頃の検査になるそうです。

さて、3日前にも検査があったばっかりなので
雨仕舞い部分を重点的に見てもらう予定だったのですが
ビルトインガレージに入ってすぐに、

ん?

となる検査員の方。

何だろう???

と思って見ていたのですが、

ビルトインガレージの天井は
天井扱いではなく外部に接する(上層階の)床になるそうで
床用の断熱材を使わないといけないそうです。


うちはフラット35の仕様なので
最低断熱材の厚みが決まっています。
(参考:http://www.flat35.com/tetsuduki/kijyun/pdf/dannetsu_hayami.pdf

現場監督がすぐに設計士さんに連絡すると
やっぱり床用の断熱材を使わないといけないらしく
そのように図面に書いてあるとか。

しかし、ほとんどの現場ではビルトインガレージの天井は
天井扱いで天井用の断熱材を入れているそうです。

検査をしてくれている方が言うには
それはうちの家を建ててくれている所だけでなく、
一般的なHMでも多くの現場でやっているらしく、
見えている状態だったから指摘してくれたけど
板が張られた後だったら気付かなかったかも・・・・と思うと。。。。

構造的に今から床用の断熱材は入れられないようで
壁用の断熱材を2重に入れることになりました。

本当は天井用と壁用の2重の方が良いらしいけど
壁用でも問題は無いらしい???

他には北側斜線で屋根が下がっている部分の
雨仕舞いについても指摘されていました。

この2点が今回の指摘点だったので
見に行く時はよく見ておこうと思います。

さて、本日も言われました。

ちゃんと作ってあるし対応も良い。

そうです。

うちを建ててもらっている会社は知らなかったようだけど
建売をやっている会社にしてはちゃんとしていると
おっしゃっていました。

お友達で誰か建売を購入しようとしている人が居たら
勧めておこうと思います(笑)

↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします♪↓↓↓
人気blogランキング


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

中間検査と第三者機関の検査。
今日は住宅性能保証の中間検査とNPO法人の検査でした。

まずは性能保証の検査から・・・・

9時半からと言われていたけど着いた時には
もうすでに終わりかけていていました。

どうやら検査員の人は9時前に着いてしまったらしく
先に始めちゃったとか。

でも前回の事もあり
正直、あまりあてにはしていないので
良いんですが^^;

時間が空いたので
小屋裏収納(ロフト?)の腰高壁の高さ決めをしました。
60cmとお願いしていたけど
現場監督と棟梁は40cmくらいでも良いんじゃない???
と思っているようで実際にベニヤで壁を作った感じを見せてもらいながら
間を取って50cmに変更してもらいました。

そしてこだわり窓2の上に収納を付けてもらう予定なのですが
奥行きはどうにでもなるらしいので
現場を見ながら決めてOK!状態でしたが
当初の予定通りで行く事にしました。

さて、そんな話をしている間にNPO法人の検査員の方が来て
チェックを始めていてくれました。

アンカーボルト?の何とか(←よく分かっていない^^;)
や床板の釘の本数などまでチェックしてくれて

『良く出来てますよ~』

と、コッソリ教えてくれました。
やっぱり現場は大工の良し悪しで決まるらしく
その点ではとても良い大工の部類に入るとか。

2~3ヶ所手直しをしてもらう所があったけど
全体的に問題は無いようでした

次の検査は雨仕舞検査になります。
サッシはもう付いているので
周りの始末が出来たら・・・・と言うと
明日くらいになってしまうので
木曜日までに耐力壁を付けてもらう事にして
一緒に見てもらうことになりました。

第三者機関のプロの方に良く出来ていると言われると
本当に安心します。

棟梁!これからもよろしくお願いしますm(__)m

ポチッと応援よろしくお願いします。
人気blogランキング


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

立上配筋検査とコンクリート打設。
今日は朝から立上配筋の検査の立会いに行って来ました。

8時前に起きて急いで準備して行くと
すでに皆さん作業していました。

はや~い

立上部分の枠もシッカリ組まれていましたが
検査の方にアンカーボルトを増やした方が良いところを
指摘していただき5本ほど増やしてもらいました。

アンカーボルトはギチギチになっていない限り
多い方が良いようです。
特に柱がくる下にはあった方が良いみたいです。

2階建てなので最小限は打たれていましたが
少し増やしてもらえて良かったです。

こういうのって素人では本当に分からないから
見てもらえると安心です。

20070228164436.jpg


そのままコンクリートの打設だと聞いていて
見ていたかったけど予定があったので
泣く泣く?退散。
でも、検査の人と話している対応などはシッカリしているし
前回の水足してたんじゃないの?疑惑も
現場監督にお話してもらっているので
大丈夫だろうと信用しています。

午後から見に行くと作業はスッカリ終わり
ビニールがかけられていました。

20070228164450.jpg


玄関になる部分にはコンクリートが↓こんな状態になっていたけど
土間になる部分なのかな?

20070228164507.jpg


枠が外されるのは月曜日の予定なので
それまで気になって仕方がありませんがグッと我慢して待ちます。

1日で外しちゃう悪徳?業者も居るみたいだし
最低でも中3日は空けるみたいだったので良かったです。


↓参加中♪
人気blogランキングへ


テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

明日も検査。
明日は2度目のNPO法人の第三者機関の検査。

配筋自体はベース配筋と一緒に組んでいるので
1度で済ませたいと現場監督から打診されましたが
立上配筋も

1,アンカーボルトが、適正な位置に入っているか
2,基礎立上の型枠とのかぶりが適切か
3,設備配管など、基礎立上部分を貫通する箇所の補強

などを確認するために検査した方が良いと言われたので
検査する事になったのですが、
確かに素人がいくら見ていても
何がどうなっているのやら分からないので
今は見てもらった方が良いだろうと思っています。

と言うのも着工しちゃうと何もかもが不安で^^;

昨日はまだ立上部分に枠が組まれていなかったので
今日だろうとは思いつつ
いけなかったので明日の検査は心配です。

現場監督は明日はお休みなので
やんちゃな感じがする基礎屋さん、
ちゃんとやってくれるかな~

↓参加中♪
人気blogランキングへ

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

住宅性能保証に問い合わせ
先日の検査で不信感出まくりの住宅性能保証。

検査したところに直接問い合わせてみました。

電話対応の女!感じ悪すぎ!!!

なんか文句あんの?と言わんばかりの対応。
お役所仕事でもこんなに酷いのは初めて。

文句を言いたいのではなくて確認したいだけなのに・・・・

何度か説明してやっと意図が伝わったのか
担当の方に代わってくれて確認したところ、

住宅性能保証は検査ではなくて審査。

重要な部分だけは確認するけど

他は推奨しているだけで現場監督の裁量に任せている。


んだそうです。
要するに10年持ちそうならOK!って事みたいでした。

で、問題の箇所は推奨の範囲なので
仕様どおりでなくても問題ないらしい。

ならどうして標準仕様と書く?

いかにもこれが標準仕様だから保証をつけましょう的な書き方をするの?

そんな適当なのに10万円も出すの???

とバカバカしくなりました。
第3者機関の検査だけで良かったかも・・・・

同じ10万円でも姿勢が違うんだなぁと改めて感じました。

フラットの審査も適当だと聞いていたけど
聞いてみたら検査するのは同じところのようなので
当たり前かぁ・・・とガッカリでした。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ

基礎の検査
今日は住宅性能保証とNPO法人の検査でした。

11時から住宅性能保証。

敷地の境界からの距離を測ったり配置を確認していました。
ササッと配筋を見て

ものの10分ほどで終了。

『問題ありませんよ~』

と言われたので
第三者機関のNPO法人の検査まで時間があったので
公園で遊び、
12時に再び参上

担当の人は・・・・熊っぽい?

大きな人でした(^^)
同じように敷地の中の配置を確認したり
配筋を見たり・・・・

(あ!配筋がしなってる・・・・←心の声)

『え~っとここの配筋はもう少し狭くして』

『配管からは最低1cm以上は離して配筋して』

『ここの補強は?』

等々、色々指摘してくれていました。

しかも住宅性能保証の仕様なのに見落とし?
まであったようで写真を撮っていました。

でも、午前中に性能保証の検査は通ってしまっているので
今更どうしようも無いらしい・・・・

え~~~っちょっとしっかりしてよっ!

指摘があったのは住宅性能保証独自の仕様らしく
基本的にそうなって無くてもどうこうなる問題でもないらしいし
何かあった時は検査に通ってるんだから保証するだろうし
まぁ、そんなに気にするところでもないらしい・・・・

けど、気になるのが施主。

どうしたものでしょうね~。

基礎屋さんの話では
最近の現場では皆そうしているらしく、
性能保証の仕様どおりにしていると
コンクリートが流れにくくなったり
返って良くないんだとか。

NPOの検査の人も
現場の人が一番よく知っているだろうし
言っている事は理解できるし
そう問題でもない。
との見解でした。

さて検査が終わった後、
チラッと言っていたのですが

『検査慣れしてる』

らしい。
検査でよく指摘されると思われるところは
ほぼクリアしていたらしい。

まぁ、その方が色々と問題が起きなくて良いんだけど。

住宅性能保証の検査に不信感たっぷりの基礎検査でした。

テーマ:家作り日記 - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。